プロに聞く ときどき大阪さんぽ

好奇心を刺激する、ときどき大阪さんぽ

 

観る水掛不動尊に立ち寄り願掛け『法善寺横丁』

いつも何気に通り過ぎる法善寺横丁ですが、東の入り口にある木製の看板は3代目桂春団治が、西の入り口にかかっている木製の看板は松竹新喜劇の喜劇王、藤山寛美さんがそれぞれ揮毫(きごう)したものなんだとか。

法善寺横丁水掛不動尊

揮毫(きごう)とは毛筆で何か言葉や文章を書くこと。で、この藤山寛美さんが書いた「法善寺横丁」の善の字がよく見ると一本足りてないのですね。それについて寛美さんが「わてはそんな善い人間ではないさかい。」「わては一本足りてまへんねん。」と言ったとか。

  • 法善寺横丁法善寺横丁の水掛不動尊をときどきはお参り。道頓堀のパワースポット。
  • 法善寺横丁水掛不動尊 どんな願い事でも水をかけながら一心に祈れば叶えてくれるらしい。きれいに苔むしたお不動様。
  • 法善寺横丁水掛不動尊 そもそも火焔の中にいる不動明王に水をかけるのはなぜだろう?いつも顔に命中させてしまう。
  • 夜の法善寺横丁夜の法善寺横丁、知るひとぞ知る名店がずらり。いつかは行ってみたい憧れのお店もこの中に。

いかがでしたか。
千日念仏が法善寺で行われたことから法善寺は千日寺とも呼ばれ、その前を千日前と呼んでいたので、今の「千日前通り」となったとか。法善寺さんに由来していたのですね。

法善寺横丁「水掛不動尊」

大阪市中央区難波1−2−16
アクセス:地下鉄御堂筋線・千日前線・四ツ橋線「なんば」駅から徒歩5分

サイトを見る

きゃっぷ

きゃっぷ

ときどき大阪さんぽって何だ?

編集のきゃっぷです。ときどき大阪で立ち寄りたいスポットなどを紹介するゆるい大阪案内です。

この人に新しい情報を教える

お茶するこの周辺でお茶する

一覧を見る

レコード喫茶グラフィティ

レコード喫茶グラフィティ

名曲をリクエストしてかけてもらうのが逆に新鮮!レコード喫茶グラフィティ...

喫茶アメリカン

道頓堀 ネオ・クラシック建築に浸る「喫茶アメリカン」

まず目に飛び込んでくるのは壁面のレリーフ(彫刻家 村上 泰造 作)とらせん階段、そしてひときわ大きなシャンデリア...

ハンモックカフェ・リバルティ

アメリカ村ハンモックカフェ「リバルティ」

『ハンモック カフェ&バー REVARTI 』。色とりどりのハンモックが吊り下がる店内は、開放的な空間...